堺の新名所「とれとれ市」

とれとれ市は堺出島漁港で毎週土日に開催!

海を守ろう

「ちぬの海」は魚介の豊富な海

茅渟(ちぬ)の海〜大阪湾〜

大阪が「なにわ」と呼ばれていたのも「魚場(なにわ)」すなわち魚の豊富な海という説もあります。また、大阪湾は古来より「ちぬの海」と呼ばれるほどに魚介類の豊富な海でもあります。

大阪湾での漁業の概要

堺出島漁港の航空写真 漁場としての大阪湾は淀川大和川などの大きな河川の恩恵を受けて豊富な漁場となっている。堺の漁業は典型的な沿岸漁業であり、アジ、イワシ、イカナゴ、スズキ、カレイ、タチウオ、アナゴ、タコなどが漁獲されている。また堺は古くから開港場として栄え、同時に漁業の根拠地としても発展してきました。しかし、昭和33年から開始された堺泉北臨海工業用地造成のため共同漁業の全てを含む沖合約5000メートル以内の漁場を放棄せざるを得なくなりました。その結果漁業は大きな転換を余儀なくされました。さらには関西空港の開港により漁場はさらに制約され、漁業者の再編成、経営の合理化、多角化が課題となっています。(写真は堺出島漁港)

堺出島漁港の概要

 漁港には漁獲物の水揚げ、陸揚げ作業が能率的に行えるよう、荷捌き施設、燃油補給施設、漁具倉庫などの施設をはじめ、冷蔵保管施設、製氷施設、などの整備がすすめられてきました。そして、平成7年から市民とのふれあい場を提供するための「とれとれ市」を行っています。

絵で見る漁獲量

スズキ 体長40〜80cm
漁獲量:105トン
主な漁法:底引き網漁
旬:夏
調理法:洗い、刺身、塩焼き、ムニエル、フライなど
イカナゴ 体長:2〜6cm
漁獲量:61トン
主な漁法:船引き(ふなびき)網漁
旬:春
調理法:クギ煮、ちりめん、釜揚げなど
コノシロ 体長:10〜25cm
漁獲量:26トン
主な漁法:まき網漁
旬:冬
調理法:酢漬け、塩焼きなど
アジ 体長:10〜25cm
漁獲量:137トン
主な漁法:底引き網漁、まき網漁、定置網漁
旬:夏〜秋
調理法:タタキ、刺身、塩焼き、ムニエル、フライなど
タチウオ 体長:70〜120cm
漁獲量:12トン
主な漁法:底引き網漁、定置網
旬:夏〜秋
調理法:刺身、塩焼き、煮付けなど
イワシ 体長:10〜25cm
漁獲量:226トン
主な漁法:まき網漁
旬:夏〜秋
調理法:刺身、塩焼き、煮付け、天ぷら、フライなど
チヌ 体長:20〜50cm
漁獲量:9トン
主な漁法:定置網漁、サシ網漁
旬:秋〜春
調理法:刺身、洗い、塩焼きなど
タコ 重さ:〜1kg
漁獲量:7トン
主な漁法:つぼ漁、かご漁、底引き網漁
旬:夏
調理法:刺身、たこ焼き、天ぷら、フライなど

Copyright(C) 堺市漁業協同組合連合会. All RightS Reserved. 堺市堺区大浜西町23 堺出島漁港内 TEL 072-221-7272